キャッシング・ローンを比較解説。無料期間や優遇金利・低金利情報など。即日振り込みや審査の仕組みも解説。

キャッシング・ローン徹底比較塾のトップへ

消費者信用団体生命保険とは

キャッシングでお金を借りる前に最低限知っておきたい用語の説明です。

2006年夏から耳にすることも多くなった消費者信用団体生命保険。
略称は「団信」と呼ばれています。

2006年秋段階で、プロミス・武富士・アコム・アイフル・三洋信販(ポケットバンク)は、
借り手に掛ける生命保険「団信」を打ち切ることを発表しました。

借り手に生命保険を掛けることには、賛否両論あります。
まずは、状況を理解しましょう。

最終更新日
2015年2月10日  




比較塾のトップへ

武富士

アコム

プロミス

アイフル

レイク

ディック

ポケットバンク

モビット


キャッシング用語集

金利(貸付利率)

金利(遅延損害金)

利息制限法

出資法

グレーゾーン金利

信用団体生命保険


サブメニュー

リンク案内

運営団体

免責事項

サイトマップ

お問い合わせ


キャッシング
比較サイト

キャッシングと消費者金融の活用サイト

金利別にキャッシングを比較するサイト

低金利キャッシングの選び方情報のサイト


キャッシング用語 消費者信用団体保険

消費者信用団体保険に加入していると

お金を借りた人が、不幸にも亡くなった場合、借金(債務)は遺族に引き継がれる。

このとき、お金を借りた人(亡くなった人)が、生命保険に加入していると、キャッシング会社は生命保険金を借金の返済に充てることができるので、遺族に借金の請求をしなくてもよい。

一見すると、キャッシング会社にも、お金を借りる人(の親族)にも、メリットがある。

が、この保険があるために、借金を返せなくなった人が自殺を選びやすくなるという可能性も否定できない。

もう一方では、この団信の保険料金が高いので、キャッシング会社も保険金を受け取っても結局損が出る。

消費者信用団体保険に加入していないと

お金を借りた人が、不幸にも亡くなった場合、借金(債務)は遺族に引き継がれる。

キャッシング会社は、貸したお金の請求をしなければいけないので、悲しみのどん底の遺族に対して、亡くなった人が借金をしていたこと、そして、その借金の返済を請求しなければならなくなる。

遺族からしてみれば、借金だけ残して亡くなった故人に対する怒りとキャッシング会社の非情に見える請求に困窮することとなる。


 

Copyright(C) 2006-2015 キャッシング・ローン比較塾〜キャッシング大手比較 All right reserved.

キャッシング・ローンは契約内容をご確認の上、ご利用は計画的に

大手キャッシングサービスを徹底比較するサイト