キャッシング・ローンを比較解説。無料期間や優遇金利・低金利情報など。即日振り込みや審査の仕組みも解説。

キャッシング・ローン徹底比較塾のトップへ

出資法とは

キャッシングでお金を借りる前に最低限知っておきたい用語の説明です。

キャッシングを利用するときに知っておきたい法律は二つです。
「利息制限法」と「出資法」です。

現時点では、この二つの法律で金利に制限を掛けていますが、二つの法律で規定する利率が違っているので、どちらの法律を守ればよいのかを議論しているところです。

「出資法」とは略称であり正式名称は「出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律」といいます。
主な内容は、出資金の受入れ、預り金、浮貸し、金銭貸借の媒介手数料、金利について規制する法律です。

今後、法律の内容が変わる可能性があるので注意しましょう。

最終更新日
2015年2月10日  




比較塾のトップへ

武富士

アコム

プロミス

アイフル

レイク

ディック

ポケットバンク

モビット


キャッシング用語集

金利(貸付利率)

金利(遅延損害金)

利息制限法

出資法

グレーゾーン金利

信用団体生命保険


サブメニュー

リンク案内

運営団体

免責事項

サイトマップ

お問い合わせ


キャッシング
比較サイト

キャッシングと消費者金融の活用サイト

金利別にキャッシングを比較するサイト

低金利キャッシングの選び方情報のサイト


キャッシング用語 出資法

出資法の内容

金融業者は年29.2%(うるう年は29.28%とし、1日あたり0.08%)以上、金融業者以外は年109.5%(うるう年は109.8%とし、1日あたり0.3%)以上の金利の契約を禁止

不特定多数の者に対する、元本を保証した出資の受入れの禁止

特定金融機関以外の、業としての預り金をすることの禁止(他の法律に特別の規定がある場合を除く)

浮貸しの禁止

金銭の貸借の媒介を行なう者は、その金銭額の5%を超える手数料を受けることを禁止(紹介屋等の禁止)

罰則規定

5年以下の懲役、もしくは、1,000万円以下の罰金 (法人の場合は、3,000万円以下の罰金)

利息制限法との違い

出資法は、「元本の金額に関係なく、利息の上限は29.2%まで」とし、その上、違反するときちんと罰則規定があるので、キャッシング会社は、この出資法はしっかり厳守しているのが現状。


 

Copyright(C) 2006-2015 キャッシング・ローン比較塾〜キャッシング大手比較 All right reserved.

キャッシング・ローンは契約内容をご確認の上、ご利用は計画的に

大手キャッシングサービスを徹底比較するサイト